Blog

Blog

大学内での授業見学会の実施

先日、大学の同僚の先生と有志数名で、授業見学会を行いました。 お互いの授業を見学し合うことを目的として、今年から始めたものです。 そして、小・中・高校などでの現職経験のない自分にとっては、「人生初の公開授業」ということに […]

Blog

筑波大学附属駒場中・高等学校の研究授業の見学

昨日11月17日は筑波大学附属駒場中・高等学校の第45回教育研究会に参加してきました。 中学と高校の両方の公開授業を見学してきました。 特に、高校の方の小貫先生の政治・経済の授業はとても刺激的でした。 授業のテーマは「自 […]

Blog

『社会科教育』(12月号)に原稿が掲載されました。

明治図書の『社会科教育』(12月号)の雑誌に初めて原稿を載せて頂きました。(実質1.5ページくらいの短い原稿ですが。) 「世界の研究動向から考える。社会科授業の理解に役立つ12のキー概念」というリレー連載の記事で、私は、 […]

Blog

全国社会科教育学会の大会での発表

今日は全国社会科教育学会の第67回全国研究大会で発表するため、山梨大学に行ってきました。 以下のタイトルで、ポスター発表(共同発表)しました。 「教師は学習指導要領をどう読み解き、カリキュラム作りの主体者となるのか――『 […]

Blog

横浜国立大学附属鎌倉小学校の研究授業の見学

今日は横浜国立大学附属鎌倉小学校の研究授業に参加してきました。 見学したのは小学5年生の社会科の「暮らしを豊かに変えるビッグデータ」という授業。 昨年度も同じ先生の授業を拝見していて、今年も勉強になりました。 先生の(足 […]

Blog

翻訳書が春風社から出版されました。

自分も翻訳に関わった本が出版されました。 ハロルド・ラッグの『アメリカ人の生活と学校カリキュラムーー生活に根差した学校に向けての次のステップーー』という書籍です。 ラッグは、1910~50年代に米国で活躍したカリキュラム […]

Blog

教育史学会の大会へ行ってきました。

先週末は一橋大学で開催されている教育史学会の研究大会に参加してきました。 シンポジウムのテーマは「教育史はどのような学問か」でした。 シンポジウムの内容自体が刺激的だったのですが、特に、以下の3つの指摘が印象的でした。 […]

Blog

瀬谷西高等学校の校内授業研究会への参加

今日の午後は、瀬谷西高等学校の授業研究会に参加させて頂いてきました。 同校の先生にご紹介を受けて参加したのですが、瀬谷西高等学校では、今年度に入って三回目の学校全体での授業研究会のようです。 7限に3クラス(数学・世界史 […]

Blog

部活動とシティズンシップ教育

今日は、J-CEF(日本シティズンシップ教育フォーラム)のシティズンシップ教育推進人材養成連続講座(東日本会場)の第二回に参加していました。 ゲストは、長沼豊先生(学習院大学)で、テーマは「学校とシティズンシップ教育ー部 […]