Blog

Blog

「研究者ガイド」に掲載されました

勤務先の大学で「研究者ガイド」という冊子が作成され、私の情報を載せて頂く機会がありました。自己紹介の仕方に迷う場面が最近多いのですが、自分の研究をザックリ説明してみました。 やはりベースには歴史があり、そこから研究方法・ […]

Blog

質的研究&教師研究の論文が掲載されました

タイトルは「教師による中長期的なカリキュラムの設計視点の獲得プロセス : 工業高等学校での日本史・近現代史学習という文脈の中での試行錯誤と省察」です。以下のURLからフリーダウンロードできます。https://opac. […]

Blog

シンポジウムの中止(延期)について

先日ご紹介をさせて頂きましたが、3月6日に東海大学高輪キャンパスにて、シンポジウム「人文学における身体性をめぐって」が予定されていました。 ですが、新型コロナウイルスによる感染拡大等の影響を受け、このシンポジウムを中止( […]

Blog

連載第二回の記事が掲載されました

雑誌『Voters』の連載「アメリカの主権者教育」の第2回目の記事が掲載されました。 今回は「主権者教育の歴史:1950年代から現代まで」です。 新社会科、バイリンガル教育、全障がい者教育法、エスニックスタディーズ、多文 […]

Blog

音声書き起こしアプリを授業で利用する可能性

今年の秋学期の授業では、「UDトーク」という音声書き起こしアプリを利用してみました。 (ご存じの方もおられるかもしれません→https://udtalk.jp/) 今日は、その利用にあたってご協力を頂いた方々に、授業の報 […]

Blog

図書新聞に書評が載りました

図書新聞に渡部竜也先生の著書『主権者教育論―学校カリキュラム・学力・教師』(春風社)に関する書評を書かせて頂きました。ご興味がありましたら、以下のURLをご覧ください。 http://www.toshoshimbun.c […]

Blog

高校で授業をさせて頂く機会がありました

先日、関東圏にある高校の授業の枠をお借りして、2時間分の授業を実践させて頂く機会がありました。 ライフリテラシー代表の 加藤千晃さんとの共同授業です。1コマ目は加藤さん中心、2コマ目は斉藤中心の授業でした。「健康保険証が […]

Blog

雑誌の連載記事を担当します

明るい選挙推進協会の情報誌「Voters」にて、一年間・計6回の連載をさせて頂きます。テーマは「アメリカの主権者教育」です。  私より適任だろうなあと思う方々が頭にチラホラと浮かんだりもします。。。が、それ以上に、与えて […]

Blog

TOKYOスタディスタヂオVol.5.での話題提供

TOKYOスタディスタヂオVol.5.で話題提供でした。 「教科書の全範囲を教えながら主権者教育を日々行うことは 可能なのか?」というテーマでした。 やや背伸び・無理し気味なテーマだったと自覚しているのですが、逆に今の自 […]