読書メモ

読書メモ

ウェイン・A・ウィーガンド著:川崎良孝他訳(2022)『アメリカ公立学校図書館史』京都図書館情報学研究会.

目次は以下の通りです。 序論 記憶のない専門職第1章 20世紀以前の伝統の継承第2章 「サービスで証明する」:学校図書館専門職の確立、1900‐1930年第3章 大恐慌と第2次世界大戦を切り抜ける、1930‐1950年第 […]

読書メモ

広井良典(2006)『持続可能な福祉社会:「もうひとつの日本」の構想』ちくま新書.

目次は以下の通りです。 プロローグ 「人生前半の社会保障」とは第1章 ライフサイクル論第2章 社会保障論/雇用論第3章 教育論/「若者基礎年金」論第4章 福祉国家論/再分配論第5章 定常型社会論/資本主義論第6章 環境論 […]

読書メモ

岩田一彦(2001)『社会科固有の授業理論・30の提言:総合的学習との関係を明確にする視点』明治図書.

目次は以下の通りです。 はしがき1章 社会科固有の授業理論を語ろう2章 社会科授業で育てる子ども3章 構造的知識の学習4章 社会科授業における探究過程5章 合理的意志決定6章 社会認識の空間的・時系列的位置づけ7章 社会 […]

読書メモ

藤原さと(2020)『「探究」する学びをつくる:社会とつながるプロジェクト型学習』平凡社.

授業準備の一環で、久しぶりに再読。 目次は以下の通りです。 1 なぜ「探究」する学びが求められたのか2 プロジェクトベースの学びとは何か3 プロジェクト型学習が子どもの生きる力を伸ばす4 「美しい仕事」をする生徒たち5  […]

読書メモ

加藤幸次(2022)『個別最適な学び・協働的な学びの考え方・進め方』黎明書房.

目次は以下の通りです。 第1部 “個別最適な学び”・“協働的な学び”の原型を現代教育史に探る第2部 「一斉授業・一斉学習」から「個別最適な学び・協働的な学び」へ第3部 グローバル化する世界の中で現代的な諸課題に対応する教 […]

読書メモ

水原克敏他著(2018)『新訂 学習指導要領は国民形成の設計図:その能力観と人間像の歴史的変遷』東北大学出版会.

目次は以下の通りです。 第1章 近代的人間像を目指して-近代学校の創設と1872年小学教則-第2章 新知識を有する儒教的人間像-開発主義と儒教道徳の1881年小学校教則綱領-第3章 天皇制下の忠君愛国の臣民像-教育勅語と […]

読書メモ

原田信之編著(2018)『カリキュラム・マネジメントと授業の質保証:各国の事例の比較から』北大路書房.

目次は以下の通りです。 はじめに序章 日本のカリキュラム・マネジメントの現状と課題1章 アメリカのカリキュラム・マネジメントと授業の質保証2章 イギリスのカリキュラム・マネジメントと授業の質保証3章 ドイツのカリキュラム […]