メモ

読書メモ

デヴィッド・グレーバー著:片岡大右訳(2020)『民主主義の非西洋起源について:「あいだ」の空間の民主主義』以文社.

デヴィッド・グレーバー『民主主義の非西洋起源について』を読了。特定の起源を解明してはいないが、西洋由来の民主主義観に問題提起をする本。相対的に平等な公共的議論のプロセスを通して自分たちの課題に対処するコミュニティのやり方 […]

映画メモ

【映画39】『すべてをかけて:民主主義を守る戦い』

映画『すべてをかけて:民主主義を守る戦い』を観た。この映画は社会科の教材研究に良い。一部の人しか投票できないのは昔のことと思われがちだが、この作品は、現代の民主主義国家において、マイノリティの人々や若者が投票しにくい選挙 […]

映画メモ

【映画38】『バービー』

映画『バービー』を先日観た。テンポもデザインも設計されつくされていて、社会風刺感が抜群。終始笑ってしまうが、実は笑えない既視感のある何かであることは誰もが実感している感じ。 https://eiga.com/movie/ […]

読書メモ

中西新太郎(2019)『若者保守化のリアル:「普通がいい」というラディカルな夢』花伝社.

中西新太郎『若者保守化のリアル』を読了。本書における若者の保守化とは、「右傾化」のことではない。右肩下がりで理不尽な現代社会に対して、大きな期待をせず、今の生活の現状維持を望む考え方を指す。「生のミニマリズム(最小限主義 […]

古典メモ

長岡文雄(1986)『考えあう授業』黎明書房.

長岡文雄『考えあう授業』を読了。著者は、児童一人一人の個性的な学びや考えを尊重することを奨励するが、それでいて教員側の指導性や教材研究の重要性も強調する。その両者をどう両立するかという点に関するヒントが、本書に書かれてい […]

読書メモ

石井英真・高木優編(2023)『ヤマ場をおさえる単元設計と評価課題・評価問題 中学校社会: 全単元の評価プランとB/A判定例に学ぶ,シンプルな観点別評価』図書文化社.

『ヤマ場をおさえる単元設計と評価課題・評価問題 中学校社会 』を再読了し、学生と意見交換などした。前提として、この本は三観点の観点別評価に真正面から向き合い、一番悩ましいであろうテスト問題を作っている点で、個人的には(他 […]

読書メモ

三牧聖子(2023)『Z世代のアメリカ』NHK出版新書.

三牧聖子『Z世代のアメリカ』を読了。アメリカのZ世代が「アメリカ例外主義」に囚われず、昔なら保守派から社会主義的と揶揄されそうな政策を支持していること、アメリカの弱さも実感しているからこそ、対中関係も含め現実主義的な視点 […]

読書メモ

伊藤邦武(2016)『プラグマティズム入門』ちくま新書.

伊藤邦武『プラグマティズム入門』を読んだ。良い本だと感じたのだが、私の理解度は心許ない。また再読したい。私の知識不足もあり、どちらかというとローティが出てくるところまでは話が分かりやすく(理解したことを意味しない)、それ […]

読書メモ

小山聡子(2017)『浄土真宗とは何か:親鸞の教えとその系譜』中公新書.

小山聡子『浄土真宗とは何か』を読了。自己の努力による修行ではなく、念仏を唱え、他力による極楽往生の可能性を説いた親鸞。その本人や弟子、後継者たちの思想を分析して、弟子はもとより親鸞本人も「他力」のみに振り切って考えてはい […]