映画メモ

映画メモ

【映画20】『カサブランカ』

映画『カサブランカ』を観た。第二次大戦下での亡命の過酷さ・緊迫感が伝わってくる。酒場でナチス関係者が歌っているところで、主人公リックがラ・マルセイエーズを歌うように周りに促す場面が印象に残る。最後の出国場面は手に汗を握っ […]

映画メモ

【映画19】『コレクティブ 国家の嘘』

映画『コレクティブ 国家の嘘』を観た。これがドキュメンタリーだとしたら、どうやって撮影したの?と驚かざるを得ない。描かれるルーマニアの医療や政治の腐敗は驚くべきものだが、この映画を作れているメディアや市民側の底力の高さを […]

映画メモ

【映画18】『シー・セッド その名を暴け』

映画『シー・セッド その名を暴け』を観た。性犯罪告発運動である#MeToo運動のきっかけとなった事件が新聞掲載されるまでの記者達の戦いや被害者らの葛藤を描いた作品。性的被害を受けた側が、いかに声をあげづらく、それでいてそ […]

映画メモ

【映画17】『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』

映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』を観た。三島も全共闘も思想信条は違えど「反米愛国主義者」であり、「あいまいで猥褻な、この国」を敵視していた、という話が印象的。全共闘運動は敗北したのか、という問いへの関係者 […]

映画メモ

【映画16】『ミュンヘン』

映画『ミュンヘン』を観た。1972年ミュンヘン・オリンピックでの選手殺害から始まる作品。スピルバーグ作。イスラエル寄りと言い切れない複雑さがあり、背後での欧米各国の利害の絡み合いや、復讐の連鎖が続く構図が描かれる。殺害の […]

映画メモ

【映画15】フォレスト・ガンプ 一期一会

映画『フォレストガンプ』を観た。高校時代に観たときと全く印象が違って驚く。当時の私は、この映画がアメリカ現代史を貫き。ユーモアと風刺に満ちていることに気づきもしなかったのだろう。あと、要所要所のセリフが心に刺さるのは、私 […]

映画メモ

【映画14】『ジョイ・ラック・クラブ』

映画『ジョイ・ラック・クラブ』を観た。苦難の中で中国から移民した母たちと、アメリカで生まれ育った娘たち。四組の家族史が紡ぎ合わされた作品。親が子に語らず胸に秘める想いがいかに多いのだろう。その中でも「これだけは」と言葉を […]

映画メモ

【映画13】『アンタッチャブル』

映画『アンタッチャブル』を観た。禁酒法下シカゴで財務省特別捜査官らと暗黒街のアル・カポネらの戦いを描く。家族も家も狙われたり、街中が裏で繋がってたりと怖い。ただ、正義に見える組織が一枚岩ではないのは常かもしれず、犯罪と戦 […]

映画メモ

【映画12】『ドリーム』

映画『ドリーム』を観た。米国初の地球周回軌道飛行を支えた黒人系女性達の物語。原題はHidden Figures。黒人コミュニティの楽しげな様子や温かい家庭生活の様子と、職場や街中での黒人差別の対比が際立っている。ジェンダ […]

映画メモ

【映画11】『怒りの葡萄』

映画『怒りの葡萄』を観た。1930年代にオクラホマを追われた家族が、カリフォルニアに移住する物語。小作農や労働者の立場の弱さと、経営者側の理不尽さ、それでも前向に生きる家族の様子が印象的。移動中に描かれる西部各州の様子が […]