Blog

筑波大学附属駒場中・高等学校の研究授業の見学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日11月17日は筑波大学附属駒場中・高等学校の第45回教育研究会に参加してきました。
中学と高校の両方の公開授業を見学してきました。

特に、高校の方の小貫先生の政治・経済の授業はとても刺激的でした。
授業のテーマは「自動運転における法的責任」というものでした。法的な考え方に基づいて、今後起こり得る自動運転のレベル2~レベル4の交通事故が起こった際の、法的責任を議論し吟味していくものでした。

筑駒だからできると言う人もいるかもしれません。ですが、私としては、高校公民科の授業の新しい可能性を感じた重要な学びの機会になったと感じています。

私が見学したことのある高等学校の授業がまだまだ少ないことも影響しているとは思いますが、授業内容をしっかりと押さえながら、生徒と積極的に議論をして授業を進めて行くスタイルの授業が、高等学校でも可能なのだと実感した瞬間でした。行って良かったです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

English

  • English Version
  • Japanese Version

コメントを残す

*

CAPTCHA