感想メモ

感想メモ

佐長健司(2019)『社会科教育の脱中心化―越境的アプローチによる学校教育研究』大学図書出版.

出版社WebAmazonのWeb 目次は以下の通りです。 第1部 教育内容と学力 第1章 概念的知識のディコンストラクション 第2章 「トゥールミン・モデル」による教育内容の検討 第3章 サイボーグ化する学習者のハイブリ […]

感想メモ

渡部竜也・井手口泰典著(2020)『社会科授業づくりの理論と方法-本質的な問いを活かした科学的探求学習』明治図書.

出版社WebAmazon 目次は以下の通りです。 社会科としての、民主主義教育としての歴史教育のあり方について、わかりやすく説明した本です。具体的な授業例や教材研究のプロセスなど、通常の論文などではブラックボックス化され […]

感想メモ

冨田明広・西田雅史・吉田新一郎著(2021)『社会科ワークショップー自立した学び手を育てる教え方・学び方-』新評社.

出版社WebAmazonのWeb 目次は以下の通りです。 授業が実践されている風景が目に浮かぶような、具体的なエピソード豊かな語りに衝撃を受けました。 理論的にも説明は詳しくされているのですが、その説明が様々な角度から、 […]

感想メモ

社会認識教育学会編(2019)『中学校社会科教育・高等学校公民科教育』学術図書出版社.

目次は以下の通りです。 本書のスタンスは、序章でハッキリと書かれています。 教える側の教師自身も、社会科を教えているというよりは、地理、歴史、公民を教えているという意識のほうが強いのではないだろうか。中学校においては、こ […]

感想メモ

大賀哲他編(2019)『共生社会の再構築――シティズンシップをめぐる包摂と分断』法律文化社.

Amazon 目次は以下の通りです。 序 シティズンシップをめぐる包摂と分断 第1部 境界線としてのシティズンシップ第1章 「市民」の要件と政治参加ーネイティブ・アメリカ党の企て第2章 「不法移民」の誕生ー19世紀末アメ […]

感想メモ

川上具美(2018)『思考する歴史教育の挑戦:暗記型か、思考型か、揺れるアメリカ』九州大学出版会.

米国の歴史教育の実態を、複数の州での調査研究をもとに、論じた本です。 目次は以下の通りです。 Amazonの該当ページ 本書は、主に1990年代以降に発展した歴史的思考力を重視した歴史教育の在り方を支持し、それが普及しな […]

感想メモ

ジャック・ジェニングス著:吉良直他訳(2018)『アメリカ教育改革のポリティクス――公正を求めた50年の闘い』東京大学出版会.

米国の戦後教育政策史を追った本です。 目次は以下の通りです。 序章 初等中等教育法50周年の意義とその再考 第1部 公正を求めた闘い―初等中等教育法の原点 第1章 初等中等教育法への道のり 第2章 連邦教育援助の目的の焦 […]

感想メモ

石井英真(2020)『授業づくりの深め方:「よい授業」をデザインするための5つのツボ』ミネルヴァ書房.

新学期の授業準備の一環です。刊行から一年遅れで通読しました。 教育学をベースにしながら、授業づくりを指導する際の教科書に最適な感じがします。(私の不勉強さゆえ)授業中に私の好みや信念で語っていたのだろうかと不安だった点を […]